Loading

COLUMN

意識を髪から頭皮へシフトしよう

年齢を重ねていけばいくほど「髪」はとても大切なパーツとなっていきます。

それはなぜか…

髪はあなたを象徴する取り外しのできないアクセサリーだからです。どんなに洋服を着飾ったとしても、どんなにきれいにメイクをしても、あたりまえではありますが、いつでも髪はあなたの顔の周りにあります。絵画でいえば額縁のようなもので、どんなに立派な絵でも額縁が粗末なものではその良さもなかなか引き立ちません。逆にちょっとした絵でも素敵な額縁に入れると華やかに見えたりします。

あなたを正面からあなたを見たときには、あなたのお顔の周りに髪があり、横から見ればほぼ髪、後ろから見れば髪だけです。さらに正面でも少しでも俯いてしまえば、さらに髪の面積が増えます。
…となるとあなたの印象は、いったいどこで決まるのでしょうか?すごく近くから見た印象なら顔かもしれません。でも日常の中でのあなたを印象付けるのはほぼ髪です。だから「髪は女の命」なのです。

よくあることですが、いままでパッとしなかった芸能人やモデルが髪を切った途端に売れ始めたりします。最近ではベッキーが髪をバッサリきて復活の兆しとなりました。それほど髪は人の印象を左右するのです。

10代20代の頃は流行に合わせて髪を明るくしたりパーマをかけたりして流行を追ってきました。ところが30代ともなれば流行にのってみてもしっくりこないし、なんかイタイ感じがして迷走してきたはずです。大人になるにつれて流行を追うのではなくて流行を取り入れていくスタンスに変わっていくべきなのです。それに伴って髪型もヘアカラーの奇抜さや派手さではなく、髪が綺麗であることが重要になってきます。まず前提として髪が綺麗であって、その上で自然な形で流行のヘアカラーの色味を少し足してみたり、やりすぎない程度に流行を取り入れた髪型にしてみる。40代頃になってくると髪との付き合い方がだいぶ変わってきます。まず何よりも白髪とどう向き合っていくかが重要になってきます。白髪をしっかりカバーしながら、ヘアスタイルを楽しみましょう。そして重要なことは予防とケアと配慮です。白髪が増えるスピードを遅らすためにヘッドスパをして予防したり、頭皮をしっかりケアして頭皮や髪のトラブルが起きないようにしたり、ヘアカラー剤なども頭皮や髪に優しいものやシャンプーやトリートメントも頭皮も髪にも配慮されたものを選ぶことが重要になります。30代、40代からは髪も重要ですが頭皮に着目しケアをしていくことで加齢によるトラブルを軽減することができます。

「意識を髪から頭皮へシフトしよう」

PAGE TOP